収入証明不要の銀行キャッシングはアルバイトでも借りれるか?

アルバイトでも果たして借りれるか?収入証明不要の銀行キャッシングで・・・。

アルバイトが収入証明不要の銀行キャッシングでお金を借りれるものだろうか?

 

 

現在アルバイト勤務の人が果たして収入証明不要の銀行キャッシングでお金を借りれるものだろうか?

 

一般的に銀行キャッシング(銀行カードローン)は消費者金融等よりも審査が厳しめと聞いているけど・・・。

 

 

その点は問題ないと思われます。

 

アルバイト勤務の人も問題なく収入証明が不要の銀行キャッシングでお金が借りれるでしょう。

 

 

なぜなら多くの銀行キャッシング(銀行カードローン)は『アルバイトやパートでもOK』と公式ホームページにも表記されているからです。

 

 

本家本元の銀行キャッシングの公式ホームページでそう表記されているのならば、アルバイトやパートの人でも申し込みは可能でしょうし、アルバイト、パートの人でも融資が可能と思われます。

 

 

 

 

収入証明が不要の銀行キャッシングはアルバイト、パートは不利?

アルバイトパートの方でも銀行キャッシングの申し込みは可能ですし、融資も可能であることは先ほど分かりました。

 

 

ただ、それでもやはり「自分はアルバイトだけど本当に審査が通るのだろうか?」、「私はアルバイトだけど一体いくらくらい借りれるのだろう?」・・・・・という不安はあるかと思います。

 

 

収入証明不要の銀行キャッシングではアルバイトやパートの方は一体、何割位の確率で審査が通るのでしょうか?

 

そして、アルバイトやパートの方が審査に通った場合一体いくらくらいお金を借りれるのでしょうか?

 

 

 

それは、それぞれの銀行キャッシング会社によって審査基準や融資基準がことなるので一概にいえませんが、20万円〜30万円位の融資枠ではないかと思われます。

 

実際のキャッシングの口コミサイトなどを見るとそんな水準で落ち着いているのを見かけます。

 

 

 

中には正社員並みの勤務日数と正社員並みの収入を稼いでいるアルバイトの方は限度額50万円の枠を得ている人もいますが、これは少数派といえます。

 

 

 

一般的に普通の正社員サラリーマンの場合は銀行でも消費者金融でも50万円位のキャッシング限度額を与えられることが多いです。

 

アルバイトの場合はその3割〜5割減の限度額と見積もっておけばよいでしょう。

 

 

キャッシング限度額はそれぞれのアルバイトの人の収入に左右されます。

 

一般的に多くのキャッシングは総量規制の法律に則ります。

 

つまり年収の3分の1以内が目安と考えてよいでしょう。

 

 

銀行キャッシングがたとえ総量規制対象外の銀行ローンだとしても年収の3分の1以上借りれると期待をしてはいけません。

 

アルバイトやパートなどの非正規雇用者の場合は正社員サラリーマンや公務員に比べて属性面や信用力、返済能力で劣るので、「年収の4分の1」か「年収の5分の1」位を見積もっておけばよいですね。

 

 

例えば、年収200万円のアルバイトの方ならば、30万円〜40万円位の限度額で借りれるのかと思われます。

 

 

銀行キャッシングは宣伝広告とかで「限度額最高800万円」とか「限度額最高500万円」とか大きい融資枠を掲げております。

 

しかし、そんな大口で借りれる人はほとんどいません。

 

 

 

これはアルバイトの人だけでなく正社員や公務員の人でも同様です。

 

正社員サラリーマンでも多くて初回50万円

 

 

アルバイトの場合は20万円〜40万円位が良いところでしょう。